会社設立、株式会社設立、あさひリーガルパートナーズ

東京・新宿で介護タクシーの申請をトータルサポート
東京・新宿で介護タクシー に関する許可申請を、トータルサポート致します!

HOME > 介護タクシー許可申請の流れ > 介護タクシーの許可申請の流れ

介護タクシーの許可申請の流れ

1.初回無料相談

 まずは、当事務所の無料相談にお越し下さい。
 手続きに関する全体像をお伝えさせていただきます。
※ここでは、最低限の要件が合致しているかどうか、手続きにどれくらいの費用や
 どれくらいの時間が掛かるのかをお伝えさせていただきます。

  

2.必要書類の用意  

 申請に関する必要書類について、用意していただく流れとなります。
 もちろん、当事務所でどこで書類をもらえるのか、どう作成するのかを丁寧に
 サポートさせていただきます。
 最終的に、当事務所で確認のうえ、陸運支局に提出を行います。
 

3.二種免許の取得

 介護タクシーの許可を受けるにあたり、二種免許をお持ちではない場合、当然ながら
 許可取得の前に、二種免許を取得する必要があります。
※タクシー・ハイヤーなどの普通旅客自動車を自動車運転代行業に従事し運転する場合、
 必ず普通二種免許が必要となります。
 

4.許可証の交付

 申請からおよそ2ヶ月ほどで、申請に問題がなければ、陸運支局にて許可証が交付
 されます。この際に、陸運支局の担当者による半日ほどの説明会に参加するほか、
 
3万円の手数料を納付する流れとなります。

 

5.運賃及び料金の設定届提出

 運賃の設定には、大きく下記の4つの運賃が関係してきます。
 ①.ケア運賃、②.介護運賃(訪問介護サービス等と連続又は一体として要介護者の
 輸送を行う場合) ※介護事業者の指定書が必要となります。
 ③.民間救急運賃(消防機関等と連携して行う患者の輸送を行う場合)※民間救急の
 認定書が必要となります。
 ④.寝台車運賃(寝台専用車のみ設定可能)種類。
距離制、時間制、時間距離併用制、
 定額制など

 申請においては、下記が必要となります。
 ●運行管理者・整備管理者の選任届 ※事業用車両5両以上使用する営業所の場合
 ●指導主任者の選任届 ※1名から必要

 

6.車両の検査・登録

 車両の検査・登録を行う必要があります。また、緑ナンバーへ変更も必要となります。
 ※車両の所有者名義は、事業者のものでなければなりません。使用者では不可。
  
 ここが通った時点で、運輸開始ができます。

7. 事業開始届出書の提出

 運輸開始後の事後届けとなります。事業開始後に遅滞なく提出する必要があります。
 提出部数は3部で、添付書類は下記になります。
 ①事業別自動車の写真: 登録番号、車体表示が確認できるように前後両側面(4枚)、
  日付入りで撮影)
 ②施設関係の写真: 営業所、車庫、休憩睡眠施設(営業所の写真については、
  運送約款及び運賃料金表の掲示が認められる状態で必要)
 ③自動車任意保険の加入証  ④自動車検査証の写し  
 ⑤就業規則(写) ※全従業員数が10名以上の場合 
 ⑥労働保険/保険関係成立届(写)  
 ⑦健保・厚年保険新規適用届(写) ※雇用が短時間等で加入不要な場合あり
 

8. 78条許可申請

 介護タクシー(緑ナンバー車)を1台で申請し、許可を受けることにより、補完的に
 ヘルパー等の持ち込み車両で有償運送が行うことが可能となります。台数に制限
 はなく、二種免許も必要ではありません。
 ※車両5台以上の場合、「運行管理者」の資格を有する者を設置が必要となります。
 許可の取得にあたっては、ホームヘルバー又は介護福祉士の資格が必要となります。
  

9.一般乗用旅客自動車運送事業(限定)輸送実績報告

 運送事業開始後、毎年5月31日までに一般乗用旅客自動車運送事業(限定)輸送
 実績報告
を提出する必要があります。
 このほか、変更点がある場合は別途の手続があります。

 手続きにあたっては、様々な必要書類が必要となりますので、まずはお気軽にご相談
 ください。また、上記内容によっては、事案によって記載と異なる場合もありますので、
 詳しくはお問合せ下さい。
 また、本記載事項に関する過失は負いかねますので、ご了承下さい。
  

  • 安心・納得 初回無料相談はこちら
  • 事務所案内
  • 事務所 所在地

Contents Menu

ご相談予約受付中!

0120-873-294

月~金 9:00~18:00
(夜間・休日応相談)

メールでの相談はコチラ

事務所所在地

クリックすると拡大されます 事務所所在地の地図